カテゴリー
スキンケア

夏と冬、それぞれ異なる手荒れの悩み

私は幼少期の頃から手荒れに悩まされています。
夏の時期と冬の時期、それぞれ異なる手荒れが起きます。
冬の手荒れでは、空気の乾燥によりガサガサになり、ひび割れが手のあちこちで起こります。

http://www.joakimljunggrenracing.com/

特につらいのは、指先のひび割れです。
物に触れたり手を洗ったりする時に激痛が走ります。手荒れ予防のためのクリームを塗るのですが、すぐに乾燥してしまいます。
日中は触れる物にクリームが付着てべたべたになるのが嫌なので、夜寝る前に塗るだけにしているのですが、夕方には既にガザガザなっています。

指先のひび割れは、紙テープを絆創膏のように貼り付けて外気に触れないように対策をして過ごしています。ガサガサは何とかクリームを塗ることで冬季の間はやり過ごすことは出来ますが、ひび割れに関しては紙テープを貼って対処する方法で冬を乗り切っています。このひび割ればかりはクリームを塗ってもほとんど効果はなく、外気に触れないようにして春まで待つしかないです。気象条件には敵いません。

夏の手荒れについては、元々アトピーにより荒れやすく、湿疹になります。
つい触れてしまうとどんどんかゆくなっていき、つゆが出てきます。皮膚科を受診し、ステロイド剤を処方してもらい、荒れると薬を塗って対処している状態です。
こうしてほぼ年中手荒れに悩まされています。

手荒れの中で最もつらいのは指先のひび割れですので、湿度の高い夏の間は楽でありがたいです。